交通事故の基礎知識

交通事故における逸失利益とは?

逸失利益とは? - 交通事故の慰謝料について知ろう!

交通事故の被害で負ってしまった障害が後遺障害として認定された場合は、後遺障害慰謝料とは別に「逸失利益」という損害賠償を受け取れるようになります。逸失利益とは、後遺障害を負わなければ、将来的に働いて得られるはずだった収入のことを指します。また死亡事故の場合にも、死亡しなければ得られるはずだった収入分が逸失利益として受け取ることを認められています。この記事では、それぞれのケースの逸失利益について解説します。

後遺障害の場合の逸失利益

後遺障害を負ってしまった場合に受け取る逸失利益は、「基礎収入×労働能力喪失率×喪失年数に応じた中間利息控除係数」の式で算出されます。それぞれの項目について詳しく解説します。

基礎収入について

基礎収入の算定方法は、事故被害者の雇用形態や就労状況などによって異なります。給与所得者の場合は原則として、事故前の実際の収入額が基礎収入と見なされることが一般的です。しかし例外として、事故前の収入額が賃金センサス(賃金構造基本統計調査)の平均賃金を下回っている場合、将来的に平均賃金程度の収入を得られると認められれば、その平均賃金の基礎として算定されます。また、概ね30歳未満の若年労働者については,実収入額が全年齢平均賃金を下回る場合であっても、年齢、職歴、実収入額と全年齢平均賃金との乖離の程度、その原因等を総合的に考慮し、将来的に障害を通じて全年齢平均賃金を得られる蓋然性が認められる場合は、全年齢平均賃金を基礎として算定されることがあります。

労働能力喪失率について

労働能力喪失率とは、後遺障害の等級ごとに決められている労働能力低下の割合を表します。実際の喪失率は「労働能力喪失率表」を参考に、被害者の後遺障害の程度や年齢などを考慮して総合的に判断されて評価されます。

参考資料:労働能力喪失率表
※”国土交通省”. 労働能力喪失率表. http://www.mlit.go.jp/jidosha/anzen/04relief/resourse/data/sousitsu.pdf, (参照 2017-11-09)

中間利息を控除するのに用いられるのが「中間利息控除係数」と呼ばれ、代表的なものとしてはライプニッツ方式とホフマン方式があります。ライプニッツ方式とは、中間利息を複利計算で算出する方式で、一方、ホフマン方式は、中間利息を単利計算で算出する方式です。裁判実務ではライプニッツ方式の採用が主流になっているため,保険会社もライプニッツ係数を用いています。

死亡事故の場合の逸失利益

死亡事故の場合の逸失利益は、「基礎収入×(1-生活費控除率)×就労可能年数に対応する中間利息控除係数」の式で算出されます。「基礎収入」と「中間利息控除係数」については、前項にて解説しました。それでは、「生活費控除率」とはどのようなものなのでしょうか。

生活費控除率について

交通事故の被害者が死亡した場合、「生存していれば生じたはずの費用」が発生しなくなることになります。そのため逸失利益を算出する際は、得られたはずの収入から、「生存していれば生じたはずの費用」が差し引かれることになっています。その差し引く割合を、生活費控除率といいます。生活費控除率は、性別などによって異なります。一家の支柱及び女性(女児・主婦を含む)は控除割合が30~40%、男性単身者(男児を含む)の場合は50%とされています。

まとめ

後遺障害を負ってしまった場合や、死亡事故の場合に受け取ることが出来る「逸失利益」は、事故被害者の状況によってさまざまな算定方法があることがお分かりいただけたと思います。慰謝料や損害賠償について正しい理解を身に着けておくことは、万が一の交通事故のリスクに備えるうえで非常に重要です。もし、ご不明点やお困りごとがある場合は、気兼ねなく経験豊富な弁護士までご相談ください。