保険

自賠責保険と任意保険 – 特徴と違い

自賠責保険と任意保険 – 自動車保険の種類を解説

自動車保険には、法律により加入が義務付けられている自賠責保険と、個人の自由意志によって加入する任意保険の2種類があります。これらの保険には、具体的にどのような違いがあるのでしょうか?この記事では、これら2種類の自動車保険について解説します。

自賠責保険とは

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険・自動車損害賠償責任共済)とは、道路を走る自動車が強制的に加入する必要がある保険制度です。本来ならば、車を購入すると自動的に加入することになります。また、加入していない車は車検も通りませんので、強制保険とも呼ばれています。人身事故の被害者に対し、最低限度の補償を行うことを目的とした制度です。

自賠責保険の特徴

自賠責保険の特徴としては、以下の3点が挙げられます。

・人身事故についてのみ支払われる保険であり、物損事故は保障されない

・支払われる保険金額に上限がある

・被害者に重大な過失があっても、減額される割合は少なくなる

自賠責保険から支払われる保険金額

1. 傷害事故の場合

支払い限度額:120万円 対象となる項目:治療費、付添看護費、通院交通費、休業損害、慰謝料、諸雑費など

2. 後遺障害を残した事故の場合

支払い限度額:75万円〜4,000万円 対象となる項目:逸失利益、慰謝料 ※認定された後遺障害等級により、限度額が異なります。

3. 死亡事故の場合

支払い限度額:3,000万円 対象となる項目:逸失利益、死亡本人の慰謝料及び遺族への慰謝料、葬儀費

任意保険とは

任意保険は、自賠責保険の補償額だけではカバーできない場合に備えるための上乗せ保険です。自賠責保険とは異なり、加入するかどうかは本人の意思に委ねられます。万が一、自動車事故を起こしてしまった場合、事故の程度によっては莫大な損害賠償責任を負うことになり,自賠責保険では支払いきれない金額が大きくなるケースもあります。そのため、自動車を運転される方は、任意保険に加入することを推奨します。日本では、7割以上の方が対人賠償・対物賠償保険に加入しています。

任意保険の特徴

任意保険の特徴としては、以下の3点が挙げられます。

・加入する保険契約内容により、人身事故から物損事故まで交通事故全般の損害をカバーできる

・加害者側が任意保険に加入しておらず、十分な補償が得られないような場合でも、自分や家族の任意保険に損害保険が付保されている場合がある

・保険契約者の代わりに、保険会社が示談交渉を代行するサービスが受けられる

任意保険の種類と補償内容

賠償保険

1.対人賠償保険

事故により他人を死傷させ、法律上の賠償責任を負った場合に、自賠責保険の支払限度額を超える部分の損害を補償します。

2.対物賠償保険

事故により他人の財産(車や建物など)に損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合の損害を補償します。

損害保険

1.人身傷害補償保険

契約した車に乗っている人が自動車事故で死傷した場合に、過失の有無に関わらず実際の損害額を補償します。

2.搭乗者損害保険

契約した車に乗っている人が自動車事故で死傷した場合に、実際の損害額に関わらず定められた金額が支払われます。

3.無保険者損害事故

契約した車に乗っている人が自動車事故で死亡、または後遺障害を被ったが、加害者が対人賠償保険に未加入のため十分な損害賠償を受けられないときに、その損害が補償されます。

4.自損事故保険

単独事故(壁との衝突、崖からの転落など)により、運転者が死傷した場合に定められた額の保険金が支払われます。

車両保険

事故により、契約されている車に損害が発生した場合に保険金が支払われます。

まとめ

自賠責保険と任意保険の違い、そしてそれぞれの特徴については、この記事でお分かりいただけたでしょうか。交通事故に巻き込まれた時、あなたが十分な補償を受けられるかどうかは、自動車保険の加入状況によって大きく左右されます。本記事の内容を、保険会社を適切に選ぶための予備知識として知っておいてください。